スマートフォンのテストは慎重にかつ大胆に

耐久テスト

デスクワーク

引張試験を利用する方法

引張試験とは金属の強度試験によく用いられます。強度試験は他にも何種類もありますが、一番多い方法として引張試験があげられます。金属を専用の機械で引っ張り、形状がどの程度の力で変わるかを数値で表します。金属加工においては、こういった引張試験を実施しておくことは大変重要だと考えられています。引張試験の多くは検査機器の揃っている研究所等で行われる場合が多いようです。また、製品ごとに引張試験の適合数値が決まっていて、その数値をクリアした金属のみが製品加工用の部材として使用されます。耐久性を表す意味で非常に重要な意味を持つ引張試験の数値は、製品の製造過程においては重要なものとなっていて、各企業が揃ってこの引張試験を導入しています。

役割と必要性及び今後の需要

金属加工を行う場合、引張試験を行わない場合はないほどです。試験をクリアできなければ、製造段階にも入れません。しかし、逆に製品製造後に引張試験を行う場合もあるようです。私たちの生活で利用されている金属製品の多くは、この試験を突破していますが、耐久性が弱いものもまれにあります。間違った製品の使い方をしていれば、いくら引張試験をクリアしている製品でも壊れてしまうこともあるからです。通常の使われ方をした場合に壊れることがないであろうという推測の元で検査が行われていることも多いようです。しかし、実際の使用イメーを持って力学的見地から検査を行うわけですので、数値にはかなりの信頼性をおけることは間違いありません。