スマートフォンのテストは慎重にかつ大胆に

寿命を調べる

新しいパソコン

部品の寿命を見つける方法

固い部品だと永久的にその硬さが持続されるようなイメージがあるのですが、どのような部品であっても寿命といったものがあるのです。それは力がかかるようなところに使われていれば、その寿命といったものは測定をしてみないとわからないものです。その時の測定をするのが引張試験です。これは部品の強度を調べるものですが、引張試験よって部品がどれぐらいの力で壊れてしまうのかといったことがわかるのです。引張試験では引張りの荷重を部品に加えることで、その部品がどれぐらいの力まで弾性状態を保持できるか、破断をするのはどれぐらいの力かといったようなことがあかるのです。弾性状態であれば、部品は力によって変形をしてもその力がなくなれば元に戻るのです。引張試験はこういったことを明らかにするのです。

金属にもいろいろな特性がある

金属にもいろいろな特性があるのです。引張りの力に強いもの、弾性状態を長く保てるもの、すぐに降伏点に達してしまうものなどその特性は実にさまざまです。また、同じ部材で勝っても表面処理などによってもその特性といったものは変わってくるので、こういった引張試験を行うことでその部材の特性といったものを把握することはとても大切なことです。特に機械に使われるような部品で安全性がもとめられるような部材はしっかりと引張試験の結果を考慮して使用をする必要があるものです。部品が降伏点より大きな力が加わってしまうと破断といったことになってしまうので、その降伏点より弱い力となることが重要です。しかも、これに安全率をかけることを忘れてはならないのです。